第9回 アジア植物遺伝資源 (PGRAsia) シンポジウム(Web開催)

農研機構遺伝資源研究センターは、農林水産省委託プロ「植物遺伝資源の収集・保存・提供の促進(PGRAsia)」を実施しています。本プロジェクトでは、アジア諸国*1 のジーンバンク等と農研機構を中心とする研究チームが連携して野菜を中心とする植物遺伝資源*2 の探索収集と特性評価を共同で行い、植物遺伝資源の利用促進に取組んでいます。

今回は、最近のプロジェクトの成果発表と、植物遺伝資源に関してかずさDNA研究所の磯部祥子様と農研機構遺伝資源研究センターの田中大介氏による講演を行います。

  • *1 ベトナム、ラオス、カンボジア、ミャンマー、キルギス
  • *2 キュウリ、メロン、カボチャ、ナス、トウガラシ、アマランサス、アブラナ類、トマト
開催日時
2022年11月16日(水) 13:30~15:30
開催方法
本シンポジウムはGigaCastの配信システムを使ってお送りします(特段ソフトをダウンロードする必要はありません)。
シンポジウム概要
プログラム
13:30開会農研機構遺伝資源研究センター 山本伸一
13:30-14:30プロジェクトの成果発表
  • PGRAsiaプロジェクトの概要について: 農研機構遺伝資源研究センター センター長 熊谷亨
  • キュウリ炭疽病抵抗性の育種素材探索と遺伝解析: 筑波大学 吉岡洋輔
  • ラオスにおけるナス遺伝資源の探索と特性評価: 農研機構野菜花き部門 宮武宏治
  • ロングリードシーケンサーで解読する遺伝資源ゲノム: 農研機構遺伝資源研究センター 内藤健
14:30-15:30遺伝資源研究会
(講演1) 栄養繁殖性植物遺伝資源の超低温保存の現状農研機構遺伝資源研究センター 田中大介
(講演2) イチゴゲノム解析とGS育種の365歩のマーチかずさDNA研究所 磯部祥子
15:30閉会農研機構遺伝資源研究センター 山本伸一

参加申込

参加を希望される方は、下記の参加申し込み窓口より、登録をお願いいたします。
参加申し込み窓口: https://cloud.gigacast.tv/Live/Site/jmQDv1
申込締め切り: 2022年11月15日(火)
※定員になり次第、申込を終了させていただきます(定員200名)

開催報告

2022年11月16日(水) 13:30~15:30に、農林水産省委託プロジェクトPGRAsiaの活動の一環として、「第9回 アジア植物遺伝資源 (PGRAsia) シンポジウム」をWeb開催で実施しました。

参加者
参加者数 130名(民間27、行政2、県16、独法46(内機構40)、大学38、マスコミ1)
チャットで出された質問への回答
  • [質問] 抵抗性の強い中国のきゅうりの品種はどうやって入手したのか?
  • [回答] 強い抵抗性を示したキュウリ遺伝資源は中国の古い固定品種で、かなり前に日本に導入され、サブバンクである野菜花き研究部門で長期間保存されていたものです。
  • [質問] ラオス側と遺伝資源の導入で見解の相違があったという点はどのようなことだったのか?
  • [回答] 日本への植物種子の輸入には、相手国(ラオス)の植物検疫証明書が必要ですが、検疫証明書の発行には、日本からの輸入許可証が必要でした。しかし、日本としては、ナスに輸入制限はかけていないため、輸入許可証を発行することができず、ラオス側の手続きが進まない状況が数年続きました。農水省をはじめ、多くの関係者の働きかけにより、ラオス側の理解が得られ、日本への輸入許可証なしで検疫証明書が発行されるに至りました。

お問い合わせ先

農研機構 遺伝資源研究センター PGRAsia事務局
E-mail: office-PGRAsia at(nospam) gene dot affrc dot go dot jp
電話: 029-838-7436 (根本) 029-838-7459 (山本)