在来品種データベース

「田辺大根」品種情報
生産地大阪府大阪市東住吉区
作物名ダイコン
品種名田辺大根
学名Raphanus sativus L. var. hortensis Backer
現地での呼称たなべだいこん
写真1田辺大根の圃場 2収穫された田辺大根 田辺大根の集団には多様な形が含まれる。本来の理想的な形は丸~やや下ぶくれの形であるといわれている(写真は森下正博氏提供)
栽培方法9月に播種すると、収穫は12月ころになる。播種時期は8月下旬から10月20日ころまで段播きして、収穫は11月~1月ころ。
品種特性

田辺大根の系譜について、熊沢三郎氏は、滋賀の伊吹大根(鼠大根)が京都大亀谷に土着して、白上がり京と交雑した後代ではないかと考え、白上がり群に分類している(大阪資料3)。草勢や耐病性が強く、栽培は容易で、葉には毛じがなく、肥大は遅いがす入りも遅く、低温にも耐える。肉質は緻密である。

明治時代までは「聖護院大根」のように丸みを帯びていたが、次第に長い「円筒型」に改良され、いわゆるねずみ大根のような形態をしている。やや下ぶくれになる形が理想であるとのこと。煮ても煮崩れしにくい特徴がある。

改良されたことは、1873(明治6)年に創立した大阪市立田辺小学校の校章は丸みを帯びた田辺大根がモチーフになっていることからもうかがえる。大正時代に栽培された改良型は、栽培地だった東住吉区「法楽寺」の横門前にちなんで「横門大根」と呼ばれた。

由来・歴史

田辺大根の栽培は摂津東成郡田辺地区(現、大阪市東住吉区田辺周辺)に由来する。1922(大正11)年編さんの「東成郡誌」には「田辺町における大根は遠く三百年前より栽培せられ田辺大根の名は遠近に轟けり」とあり(大阪資料3)、1836(天保7)年「名物名産略記」にも取りあげられている。

田辺地区は大正時代から昭和初期にかけて宅地化が進み(それでも昭和10年ころの栽培面積は30ha以上)、1950年代にウィルス病が蔓延して栽培が途絶えていた。1984(昭和59)年、大阪市農産物品評会に、大阪市住吉区長居東地区で自家用に栽培していた田辺大根が出品されていたのを大阪府職員の森下正博氏が発見し、大阪府環境農林水産総合研究所で維持保存されるようになった(大阪資料3と4)。

伝統的利用法風呂吹き大根、大根煮(油揚げと炊く、または薄切りにしてぶりと魚すき風にする、または魚の煮汁で炊く)、おでん、船場汁(塩鯖のアラの水煮に田辺大根の短冊を入れる)、大根飯(塩もみしたダイコン葉や大根を飯に混ぜる)。たくあんに利用され、さらに古漬けを煮てゴマとショウガで食べる。切り干し大根は臭みがなく、ゴマ酢で食べる。
栽培・保存の現状2004年から住吉区で栽培が復活し、現在は東住吉区公園南矢田地区でも栽培されている。田辺大根の栽培者は「大阪市なにわの伝統野菜生産者協議会」の会長を含め5名。自家採種はしておらず、農協を通じて種子を購入している。
消費・流通の現状大阪市中央卸売市場、大阪木津卸売市場に出荷。漬物業者、おでん屋にも出荷し、各種イベントにも使っている。北区、天王寺区、浪速区、住吉区、東住吉区の小学校給食にも累計1200本以上提供している。
継承の現状大阪市立田辺小学校では田辺大根の栽培が行われている。
参考資料
  • 大阪資料3)特集「なにわの伝統野菜認証十五品目」、大阪「食」文化専門誌「浮瀬」(うかむせ)No.11(2006).
  • 大阪資料4)特集 伝統野菜「田辺大根」、雑誌「大阪人」Vol.65、20113月号.
調査日2018/12/2
備考大阪府が平成17年から「なにわの伝統野菜認証制度」を導入し、現在18品目の伝統野菜が登録されている。生産・流通・販売の現場で「なにわの伝統野菜」やそれを使用した食品・調理品に認証マークを表示することができるようになった。