在来品種データベース

「細島蕪」品種情報
生産地長野県木曽郡木祖村
作物名カブ
品種名細島蕪
学名Brassica rapa L. var. rapa
現地での呼称ほそじまかぶ
写真細島蕪の断面 細島蕪の栽培風景 細島蕪の草姿1 細島蕪の草姿2(定規は15cm)
栽培方法播種は8月20日~9月10日ころ。収穫は10月20日~11月20日ころ。採種用母本に80個体くらい確保する。
品種特性草姿は開張性で葉数は少なく、葉はびわ形で無毛、葉質は軟らかい。根部は全体に赤紫色を呈し、特に首部は濃色である。根茎は長円すい型をして、牛角状に曲がるものが多い。
由来・歴史「王滝蕪」、「開田蕪」と極めて類似しているが、来歴は不明。
伝統的利用法茎葉もしくは葉の付け根部分にあたる胚軸の一部は「すんき」(塩を使わずに乳酸発酵させた漬物)にする。カブは甘酢漬けにする。また正月や慶事に「なます」の材料にする。
栽培・保存の現状生産者は5名。栽培面積15a。生産量は2.4t。採種は共同採種を行っており、採種者は1名である。(2021年度)
消費・流通の現状直売所。
参考資料長野資料1)大井美知男・市川建夫著(2011)「地域を照らす伝統作物 信州の伝統野菜・穀物と山の幸」、川辺書林
調査日2022/11/1
備考2007(平成19)年、信州の伝統野菜に認定された。また長野県木曽郡上松町、南木曽町、木曽町、木祖村、王滝村、大桑村および塩尻市の一部(旧楢川村)のすんきは2017年にGI(日本地理的表示)登録された。