トップ > データベース検索 > 植物遺伝資源の検索

植物遺伝資源の詳細

JP番号211817
植物名アズキ (野生種):ヤブツルアズキ
学名Vigna angularis var. nipponensis (Ohwi) Ohwi & Ohashi
品種名COL/NAGANO/2001/MAFF/CED2001-29
品種和名長野県産ヤブツルアズキ(CED2001-29)
画像データJP 211817 (種子) JP 211817 (種子) JP 211817 (種子)
原産地長野
種類区分野生
取得区分収集
収集番号CED2001-29
収集年月日2001/10/12
収集地点長野県丸子町宮原
緯度経度Google Maps
標高490
気候データ
(WorldClim Ver 2.1)
年平均気温: 11.7℃
最暖月の最高気温: 29.6℃
最寒月の最低気温: -5.7℃
年間降水量: 1004 mm
最湿潤月の降水量: 145 mm
最乾燥月の降水量: 31 mm
収集源自生地
サンプルの形態種子
サンプリング法集団
標本の有無
収集地帯の地形丘陵地
収集地点の地形平坦地
収集地の土壌不明
収集備考道路脇の荒れ地
探索年度2001
探索期間10/09 - 10/12
探索地域長野県
探索対象Vigna, Vicia, Glycine 属野生種
収集者D. Weerasekera(スリランカ農業局)・ X.X.Zong(中国・農業科学院)・O. K. Han・X. W. Wang・ 平島信也・ 小松崎隆男・ 友岡憲彦・ ダンカン・ヴォーン(農業生物資源研究所)
探索関連文献植物遺伝資源探索導入調査報告書 平成13(2001)年度 第18巻
保存番号137568 (センターバンク)
配布形態種子
標準配布量20粒
利用成果Wang L, Kikuchi S, Muto C, Naito K, Isemura T, Ishimoto M, Cheng X, Kaga A, Tomooka N (2015). Reciprocal translocation identified in Vigna angularis dominates the wild population in East Japan. Journal of Plant Research 128: 653-663. [10.1007/s10265-015-0720-0]
発芽率100%
MTAGB-NARO MTA
配布申込

特性データ (保存番号: 30006046)
茎色box plot(茨城, 2005)
熟莢色黒褐box plot(茨城, 2005)
1莢内粒数11.4 (粒)box plot(茨城, 2005)
100粒重2.1 (g)box plot(茨城, 2005)
種皮の地色box plot(茨城, 2005)
開花期08/30(茨城, 2005)
成熟期10/03(茨城, 2005)
毛茸の多少box plot(茨城, 2005)
花色box plot(茨城, 2005)
莢の長さ6 (cm)box plot(茨城, 2005)
子実の形烏帽子形box plot(茨城, 2005)
下位葉の形円葉box plot(茨城, 2005)
上位葉の形細葉剣先box plot(茨城, 2005)
蔓化性box plot(茨城, 2005)