トップ > データベース検索 > 微生物遺伝資源の検索

微生物遺伝資源の詳細

MAFF番号211516
外国為替法戦略物資
微生物種類細菌
学名Ralstonia pseudosolanacearum Safni, Cleenwerck, De Vos, Fegan, Sly and Kappler 2014
分類検証✔分子系統データ等により、この表示学名の妥当性が検証されています。
再同定者澤田宏之 (更新: 2018/10)
細分類race 1; biovar 3; phylotype I; sequevar 34
異名Ralstonia solanacearum (Smith 1896) Yabuuchi, Kosako, Yano, Hotta and Nishiuchi 1996
登録時学名Ralstonia solanacearum (Smith 1896) Yabuuchi, Kosako, Yano, Hotta and Nishiuchi 1996
同定者森田泰彰
分離源ピーマン、シシトウガラシ
採集地高知
採集日1990/09
分離者森田泰彰
提供者堀田光生
株名ピーマン青枯4
移動経路高知県 農業技術センター
培地ジャガイモ半合成寒天培地 (Potato 300.0g for decoction, Sucrose 15.0g, Peptone 5.0g, Na2HPO4・12H2O 2.0g, Ca(NO3)2・4H2O 0.5g, Agar 15.0g, Distilled water 1000ml) pH 6.8-
培養適温30℃
培養期間2日
環境有害性植物病原性
塩基配列16S egl
文献Horita, M., Yano, K. and Tsuchiya, K. (2004). PCR-based specific detection of Ralstonia solanacearum race 4 strains. Journal of General Plant Pathology 70(5): 278-283. [10.1007/s10327-004-0126-7]
Liu, Y., Kanda, A., Yano, K., Kiba, A., Hikichi, Y., Aino, M., Kawaguchi, A., Mizoguchi, S., Nakaho, K., Shiomi, H., Takikawa, Y. and Ohnishi, K. (2009). Molecular typing of Japanese strains of Ralstonia solanacearum in relation to the ability to induce a hypersensitive reaction in tobacco. Journal of General Plant Pathology 75(5): 369-380. [10.1007/s10327-009-0188-7]
堀田光生・土屋健一 (2012). 青枯病菌 Ralstonia solanacearum. 微生物遺伝資源利用マニュアル 12(改訂第2版): 1-32. [URL]
曵地 康史 (2009). Phylotype決定に基づいた青枯病菌Ralstonia solanacearum国内菌株の系統再分類による青枯病菌インベントリーの作成. 微生物遺伝資源探索収集調査報告書 22: 21-31. [URL]
澤田宏之・山﨑福容・竹谷 勝・永井利郎・青木孝之・堀田光生 (2019). 農業生物資源ジーンバンクにおけるRalstonia属細菌の学名の見直し. 植物防疫 73(3): 167-174. [URL]
配布申込 (日本国内のみ可)