トップ > データベース検索 > 日本植物病名データベース

病害の詳細

宿主ダイズ(大豆)
Glycine max (L.) Merr.
病名炭疽病
病名読みtanso-byo
病名英名Anthracnose
病原 (1)Colletotrichum truncatum (Schweinitz) Andrus & W.D. Moore [輸入検疫有害菌 (1990/03/30)]
病原異名 (1)Colletotrichum glycines Hori
Colletotrichum dematium (Persoon) Grove f. truncatum (Schweinitz) Arx
病原 (2)Colletotrichum trifolii Bain
病原 (3)Glomerella glycines (Hori) Lehman & Wolf [輸入検疫有害菌 (1986/06/28)]
病原 (4)Gloeosporium sp.
文献 (4)出田 新:続日本植物病理学(下):785, 1926(大15)
倉田 浩:農技研報C 12:68, 1960
備考Colletotrichum truncatum が最も重要な菌である (倉田, 1960)
関連菌株4点
外部サイト病害虫診断防除支援システム (やまがたアグリネット)
ダイズ病害虫診断 (近畿中国四国農業研究センター)
日本植物病害大事典 (BOUJO.net)
防除ハンドブック (BOUJO.net)
有用植物病害診断ファクトデータベース (旧中央農研作成)
  • 本データベースから参照しているジーンバンクの微生物株については、必ずしも病原性を確認したものではありません。
  • 本データベースから参照している外部サイトの内容およびリンクの正確性について、当ジーンバンクは一切の責任を負いません。