トップ > 植物画像データベース

ササゲ属野生種 [Vigna trinervia (Heyne ex Wall.) Y. Tateishi & N. Maxted]

解説

分類
ササゲ属(Vigna)アズキ亜属(Ceratotropis)に属する多年生の草本。Tateishi (1985)はVigna属の分類に関して最も広く受け入れられているMarechal et al. (1978) のモノグラフで,V.radiata var.sublobataとして扱われた標本にこの種が混同されているとし,独立種としてV.trinerviaと命名した。RAPD分析によれば,V.trinervia は 4倍体種 V.reflexo-pilosa および V.glabrescens に近縁であると考えられた(友岡 ら 1995)。2n=22 ?
分布
マダガスカル,南インド,スリランカ,ミャンマー,マレーシア,スマトラ,ジャワ,チモール,ニューギニア (Tateishi, 1985).
特徴
Tateishi(1985)によれば,V.trinerviaの形態的特徴は次の通りである。全体的に見るとV.trinerviaはリョクトウ類とアズキ類の中間的な形態をもつ。托葉は長楕円形で先端が尖り(鋭形)長さ8-15mm,幅3-6.5mmで茎に楯着する。先端の小葉は円形または狭卵形,まれに皮針形で先が尖り(鋭形)全縁または3つに浅裂。小苞は皮針形卵形または長楕円形で先端が鋭く尖り(鋭先形)長さ4.5-10mmで,小苞は萼筒より長い。花は黄金色で左側の竜骨弁につく突起は長さ3.5-6mm。成熟した莢は暗褐色で横向きにつき,10-14粒の種子を有する。種子は両端を切り落としたような方形でへそは線形,仮種皮は発達しない。種皮には網目状の模様構造が発達する。発芽は地下子葉型で,心形の初生葉には葉柄がある。染色体数 2n=22。
遺伝資源として
我々は4回にわたるマレー半島での探索によって多数のV.trinerviaを収集した(Bujang et al. 1994)。病害虫に対する抵抗性をはじめとした遺伝資源としての評価はほとんど行われていない。Egawa et al. (1996)は,V.radiata var.sublobata x V.trinervia の交雑組み合わせで発芽力のあるF1種子を得ることに成功した。世界的に見てもV.trinerviaを保存しているジーンバンクはなく,組織的な収集評価が必要である。
参考文献
Bujang,I., Y.Egawa, N.Tomooka, S.G.Tan, H.A.Abu Bakar and S.Anthonysamy, 1994. Exploration, collection and electrophoretic variants of wild Vigna (subgenus Ceratotropis) in Peninsular Malaysia. In Proceedings of the 3rd. Symposium of Applied Biology, pp.69-71.
Egawa Y., S.Chotechuen, N.Tomooka, S.Ngampongsai and C.Kitbamroong 1996. Cross-Compatibility among the Subgenus Ceratotropis Species of the Genus Vigna. In "Phylogenetic Differentiation of Mungbean Germplasm (Subgenus Ceratotropis of the Genus Vigna) and Evaluation for Breeding Program. Under the collaborative research program between JIRCAS(Japan) and DOA (Thailand) pp.19-30.
Marechal,R., J.M.Mascherpa and F.Stainer. 1978. Etude taxonomique d'un groupe complexe d'speces des genres Phaseolus et Vigna (Papilionaceae) sur la base de donnees morphologiques et polliniques, traitees par l'analyse informatique. Boissiera 28.
Tateishi,Y. 1985. A revision of the Azuki bean group, the subgenus Ceratotropis of the genus Vigna (Leguminosae). Ph.D. Thesis, Tohoku University, Sendai, Japan.
友岡憲彦・ V.A.Sumanasinghe, 加賀秋人・江川宜伸. 1995. RAPD分析法によるアジア産Vigna属の類縁関係の推定.育種学雑誌 Vol.45 (別冊 1):181.