トップ > 植物画像データベース

ササゲ属野生種 [Vigna grandiflora (Prain) Tateishi]

解説

分類
ササゲ属(Vigna )アズキ亜属(Ceratotropis)に属するつる性草本(Tateishi1985)。以前,Phaseolus sublobatus var.grandiflorusPhaseolus trinervius と同定されていた標本を,Tateishi(1985)はV.grandifloraという名のもとに独立種として扱った。2n=22?。
分布
ミャンマー,タイ,カンボジア (Tateishi, 1985).
特徴
Tateishi(1985)によれば,V.grandifloraの形態的特徴は次の通りである。V.grandifloraは,リョクトウの祖先野生種V.radiata var.sublobataV.trinerviaとの中間的な形態をもつ。
茎はつる性で長い赤褐色の毛に密に覆われる。托葉は皮針形で先端が尖り(鋭先形)で長さ13-15mm,幅3-5mmで茎に楯着する。小葉は紙質で剛毛があり,先端の小葉は狭卵形から卵形で浅く3裂する。小苞は皮針形で先端が尖り(鋭先形)長さ4.5-6mm,幅1-1.5mm。
花は黄金色。旗弁は左右非相称で縦9-12mm, 横11-14mm。竜骨弁は左向きに250-280°曲がり,左側の竜骨弁には長さ3mmの突起が発達する。成熟した莢は円柱形で長さ5-8cm,幅4-5mmで8-11粒の種子を有する。
種子は楕円体で,3-3.8 x 2.7-3.3 x 2.1-2.7mm。へそは線形で長さ2.3-2.7mmで仮種皮が発達する。発芽は地上子葉型で,皮針形の初生葉には葉柄がない。
遺伝資源として
Tomooka et al.(1991)はタイ北部を探索しピサヌローク県でV.grandifloraを1点収集した(論文中では未同定で,Species Aとして扱っている)。Egawa et al. (1991)は,V.radiata x V.grandifloraのF1雑種を胚培養によって得ることに成功した。病害虫に対する抵抗性をはじめとした遺伝資源としての評価はほとんど行われていない。世界的に見てもV.grandifloraを保存しているジーンバンクはなく,組織的な収集評価が必要である。
参考文献
Egawa Y., N.Tomooka, C.Lairungreang, P.Nakeeraks and C.Thavarasook. 1991. The possibility to use V.mungo (Black gram) and V.grandiflora for Mungbean breeding. In "Mungbean and The Genetic Resources, The Subgenus Ceratotropis" 39-43. Tropical Agriculture Research Center, Japan.
Marechal,R., J.M.Mascherpa and F.Stainer. 1978. Etude taxonomique d'un groupe complexe d'speces des genres Phaseolus et Vigna (Papilionaceae)
sur la base de donnees morphologiques et polliniques, traitees par l'analyse informatique. Boissiera 28 : 1-273.
Tateishi,Y. 1985. A revision of the Azuki bean group, the subgenus Ceratotropis of the genus Vigna (Leguminosae). Ph.D. Thesis, Tohoku University, Sendai, Japan.
Tomooka,N. 1991. Collection and evaluation of wild Ceratotropis species in Northern Thailand. In "Genetic Diversity and Landrace Differentiation of Mungbean, Vigna radiata (l.) Wilczek, and Evaluation of its Wild Relatives (The Subgenus Ceratotropis) as Breeding Materials" Techinical Bulletin of Tropical Agriculture Research Center. No.28. pp.39-46. MAFF, Japan.