トップ > 植物画像データベース

Oryza meridionalis Ng

  • 分布図
    分布図
  • 生育地
    生育地
  • 生育地
    生育地
  • 生育地
    生育地
  • 小穂
    小穂

解説

ゲノム記号
AA
染色体数
2倍体, 2n=24
分布
オーストラリアおよびニューギニア
主な形態的特徴
直立する。小穂はO. officinalisよりもたいてい長く、長さ5.8-6.0mm、幅2.9-3.1mm。
生育地
水のそばの草地、水が新鮮な潟、一時的にできた水たまりや沼地にはえる。本種と同所的に生育するO. australiensis は、より低い湿った場所にはえる。
潜在的有用性
乾燥回避特性
備考
多様性解析の結果は、本種とO. longistaminata ともにAゲノム種で共通することを示唆する (Zhu and Ge, 2005)。
参考文献
Ng, N. Q., T. T. Chang, J. T. Williams, and J. G. Hawkes. 1981a. Morphological studies of Asian rice and its related wild species and the recognition of a new Australian taxon. Bio. J. Linn. Soc. 16: 303-313.
Ng,, N. Q., J. G. Hawkes, J. T. Williams, and T. T. Chang. 1981b. The recognition of a new species of rice (Oryza) from Australia. Bot. J. Linn. Soc. 82: 327-330.
Wurm, P.A. 1998. A surplus of seeds: High rates of post-dispersal seed predation in a flooded grassland in monsoonal Australia. Australian Journal of Ecology 23: 385-392
Zhu, Q and S. Ge. 2005. Phylogenetic relationships among A-genome species of the genus Oryza revealed by intron sequences of four nuclear genes. New Phytologist 167: 249-267