トップ > 植物画像データベース

Oryza longistaminata Chev. et Roehr.

  • 分布図
    分布図
  • 生育地
    生育地
  • 花序
    花序

解説

ゲノム記号
AA
染色体数
2倍体, 2n = 24
分布
熱帯アフリカ
主な形態的特徴
2叉の長い葉舌がある(O. barthii の葉舌は丸い)。根茎をもつ。ふつうに同所的にはえる2倍体O. punctata および O. barthii.とは緑灰色の葉で区別される。
生育地
コメ作や川の淵などに侵入する。水の深いところで生育する。
潜在的有用性
コメの胴枯れ病抵抗性は本種から導入された。
備考
自家不和合性。本種がアフリカにおける1年生のAゲノムOryza種の祖先かどうかは定かでない。
参考文献
Causse, M., and A. Ghesquiere. 1991. Prospective use of Oryza longistaminata for rice breeding. Pages 81-89 in Rice Genetics II. Int. Rice Res. Inst., Los Banos, Philippines.
Ghesquiere, A. 1986. Evolution of Oryza longistaminata. Pages 15-25. In Rice Genetics. Int. Rice Res. Inst., Los Banos, Philippines.