トップ > 植物画像データベース

Oryza latifolia Desv.

  • 分布図
    分布図
  • 生育地
    生育地
  • 小穂
    小穂

解説

ゲノム記号
CCDD
染色体数
4倍体, 2n=48
分布
ラテンアメリカ:アルゼンチン、ベリーズ、ボリビア、ブラジル、コロンビア、コスタリカ、キューバ、ドミニカ共和国、エクアドル、エルサルバドル、フランス領ギアナ、グァテマラ、ガイアナ、ハイチ、ホンデュラス、メキシコ、ニカラグア、パナマ、パラグアイ、ペルー、プエルトリコ、スリナム、トリニダード、ベネズエラ
主な形態的特徴
草丈の高い(2m以上)タイプと低いタイプ(多くは1m以下)が存在する。葉幅は広いが5cm以下、小穂は7mm以下。
生育地
サバンナ、沼地、耕作地(雑草として)、水域に近い2次林や雨林など、開けた場所から半日蔭の多様な場所で生育する。
潜在的有用性
耐塩性
備考
稲作の雑草となりうる。
参考文献
Chen, J. J., and S. Matsunaka. 1991. Correlation of propanil hydolyzing enzyme activity with leaf morphology in wild rices of genome CCDD. Pestic. Biochem. Physiol. 40:80-85.
Fukui, K., R. Shishido, and T. Kinoshita. 1997. Identification of the rice D-genome chromosomes by genomic in-situ hybridization. Theor. Appl. Genet. 95:1239-1245.
Nakamura, I., S. Agarie, S. Murayama, S. Tobita, S. Yanagihara et al. 2005. Sat tolerance of wild rice Oryza latifolia Desv. in relation to growth and dry mater production. Japanese Journal of Tropical Agriculture 49:70-76 (in Japanese with English summary)
Second, G. 1989. Additional observations and collection of the Oryza latifolia Desv. species complex. Rice Genet. Newsl. 6:73-76.
Jena, K. K., and G. Kochert. 1991. Restriction fragment length polymorphism analysis of CCDD genome species of the genus Oryza L. Plant Mol. Biol. 16:831-839.