トップ > 植物画像データベース

Oryza glaberrima Steud.

  • 分布図
    分布図
  • 小穂
    小穂
  • 葉

解説

ゲノム記号
AA
染色体数
2倍体, 2n=24
分布
西アフリカ、ザンジバル(タンザニア)、ペンバ(タンザニア)
主な形態的特徴
非脱粒性、葉舌は短く丸い
生育地
耕作地
潜在的有用性
本種は西アフリカの土壌生態条件に適応している。
備考
近年O. sativaO. glaberrimaの交雑種が、ネリカ品種として農家に提供されている。
参考文献
M. Semon, R. Nielsen, M.P. Jones, S.R. McCouch. 2005. The population structure of African cultivated rice Oryza glaberrima (Steud.): Evidence for elevated levels of linkage disequilibrium caused by admixture with O. sativa and ecological adaptation. Genetics 169: 1639-1647.
Vaughan, D.A., S. Miyazaki, K. Miyashita. 2004. The rice genepool and human migrations. Pages 1-13 in Biological Resources and Migration. D. Werner (ed.) Springer, Heidelberg