トップ > データベース検索 > 微生物遺伝資源の検索

微生物遺伝資源の詳細

MAFF番号302378
微生物種類細菌
学名Rhizobium radiobacter (Beijerinck and van Delden 1902) Young, Kuykendall, Martinez-Romero, Kerr and Sawada 2001 (Ti)
分類検証✔分子系統データ等により、この表示学名の妥当性が検証されています。
再同定者澤田宏之 (更新: 2013/10)
細分類genomovar G8
登録時学名Agrobacterium tumefaciens (Smith and Townsend 1907) Conn 1942
同定者牧野孝宏
分類学上の基準推奨株
分離源キク
採集地静岡 (富土宮市)
採集日1985/12
提供者牧野孝宏
株名CH5
培地IFO Medium 227 (=ISP Medium 2) (Malt extract 4.0g, Fructose 2.0g, Lactose 2.0g, Xylose 2.0g, Polypepton 1.0g, Yeast extract 1.0g, Agar 20.0g (Malt extract 10.0g, Glucose 4.0g, Yeast extract 4.0g, Agar 20.0g) (IFO-227)) pH 7.0
培養適温25℃
特性病原性
塩基配列16S atpD glnA recA
文献Sawada, H. and Ieki, H., Phenotypic characteristics of the genus Agrobacterium, Japanese Journal of Phytopathology (Annals of the Phytopathological Society of Japan), 58(1), 37-45, 1992 [DOI]
Sawada, H., Ieki, H. and Matsuda, I., PCR detection of Ti and Ri plasmids from phytopathogenic Agrobacterium strains, Applied and Environmental Microbiology, 61(2), 828-831, 1995 [URL]
澤田宏之, Agrobacterium属細菌の系統および分類に関する研究, 果樹試験場報告, 5, 1-110, 1994 [URL]
澤田宏之, コロニーダイレクトのマルチプレックスPCRによる植物病原性Rhizobium属細菌(旧Agrobacterium属細菌)の菌種同定, 日本植物病理学会報, 81(4), 332-340, 2015 [DOI]
澤田宏之, 第1回 いわゆる「アグロバクテリウム」について─(1)プロフィールの紹介 ─, 日本微生物資源学会誌, 22(2), 117-121, 2006 [URL]
澤田宏之, 第2回 いわゆる「アグロバクテリウム」について─(2)分類の現状─, 日本微生物資源学会誌, 23(1), 29-34, 2007 [URL]
澤田宏之・富岡啓介・永井利郎・青木孝之・遠藤眞智子・廣岡裕吏・佐藤豊三, 第3回 いわゆる「アグロバクテリウム」について─(3)今後の分類を考えるための視点─, 日本微生物資源学会誌, 23(2), 95-99, 2007 [URL]
澤田宏之・山﨑福容・竹谷 勝・青木孝之, 植物病原性Rhizobium属細菌の分類の変遷とジーンバンクにおける対応, 日本微生物資源学会誌, 30(1), 13-27, 2014 [URL]
澤田宏之・瀧川雄一・牧野孝宏, 根頭がんしゅ病菌・毛根病菌における最新学名への読み替え, 植物防疫, 69(2), 106-112, 2015 [URL]
澤田宏之・須崎浩一・川口 章, コロニーダイレクトのマルチプレックスPCRによる植物病原性Rhizobium属細菌(旧Agrobacterium属細菌)のプラスミド型別, 日本植物病理学会報, 82(2), 116-124, 2016 [DOI]
配布申込