トップ > データベース検索 > 日本植物病名データベース

病害の詳細

宿主キンセンカ(金盞花,トウキンセン)
Calendula officinalis L.
病名炭疽病
病名読みtanso-byo
病名英名Anthracnose
病原 (1)Colletotrichum carthami (Fukui) S. Uematsu, Kageyama, Moriwaki & Toy. Sato
病原異名 (1)Colletotrichum acutatum J.H. Simmonds [輸入検疫有害菌 (1990/03/30)]
Gloeosporium carthami (Fukui) Hori & Hemmi
文献 (1)沼田 巌ら:日植病報 23(1):21, 1958
上田郁子・梶原敏宏:日植病報 34(5):371, 1968
植松清次ら:日植病報 70(1):47, 2004
Uematsu, S. et al.:J. Gen. Plant Pathol. 78:316, 2012
Sato, T. & Moriwaki, J.:Microbiol. Cult. Coll. 29(1):13, 2013
佐藤豊三・森脇丈治:植物防疫 67(7):367, 2013
備考Sato & Moriwaki (2013)は本病原を狭義C. carthamiとした
病原 (2)Colletotrichum chrysanthemi (Hori) Sawada
病原異名 (2)Colletotrichum acutatum J.H. Simmonds [輸入検疫有害菌 (1990/03/30)]
Colletotrichum carthami (Fukui) S. Uematsu, Kageyama, Moriwaki & Toy. Sato
Gloeosporium carthami (Fukui) Hori & Hemmi
Marssonia carthami Fukui
文献 (2)沼田 巌ら:日植病報 23(1):21, 1958
上田郁子・梶原敏宏:日植病報 34(5):371, 1968
植松清次ら:日植病報 70(1):47, 2004
Uematsu, S. et al.:J. Gen. Plant Pathol. 78:316, 2012
Sato, T. & Moriwaki, J.:Microbiol. Cult. Coll. 29(1):13, 2013
佐藤豊三・森脇丈治:植物防疫 67(7):367, 2013
備考上田・梶原(1968)はG. carthamiC. gloeosporioides の異名とする説(Arx, 1957)を紹介したが要検討とした。植松ら(2004)は逸見のC. carthami とされる標本もC. acutatum と再同定し, さらにSato & Moriwaki(2013)はC. carthamiおよびC. chrysanthemiと再同定した
関連菌株9点
外部サイト日本植物病害大事典 (BOUJO.net)
花き類病害の診断・防除 (花き研究所)
  • 本データベースから参照しているジーンバンクの微生物株については、必ずしも病原性を確認したものではありません。
  • 本データベースから参照している外部サイトの内容およびリンクの正確性について、当ジーンバンクは一切の責任を負いません。