トップ > 公募・イベント等のおしらせ > シンポジウム

アジア植物遺伝資源の収集・特性解析 (PGRAsia) 第3回シンポジウムのご案内

国立研究開発法人 農研機構遺伝資源センターは、平成26年度から農林水産省の「海外植物遺伝資源の収集・提供強化」プロジェクトを受託しています。本プロジェクトでは、アジア5カ国*1のジーンバンク等と農研機構を中心とする研究チームが連携して野菜を中心とする植物遺伝資源*2の特性評価と探索収集を共同で行い、植物遺伝資源の利用促進に取組んでいます。

  • *1 ベトナム、ラオス、カンボジア、ミャンマー、ネパール
  • *2 キュウリ、メロン、カボチャ、ナス、トウガラシ、トマト、アブラナ類、イネ、アマランサス、ソルガム
日時
平成28年7月12日 (火) 15:00~18:00
場所
ヒューリックカンファレンスROOM1 (東京都台東区浅草橋1-22-16 ヒューリック浅草橋ビル3階)
参加費
無料 (要事前申込)
シンポジウム概要
プログラム (予定)
14:30受付開始
15:00開会司会:PGRAsia事務局 奥泉久人
15:00-15:05主催者挨拶農研機構 理事 倉田のり (遺伝資源センター担当)
15:05-15:10事業委託者挨拶農林水産省農林水産技術会議事務局 研究総務官 井上龍子
15:10-16:20PGRAsiaプロジェクトの概要と成果
15:10-15:20PGRAsiaプロジェクトの概要農研機構遺伝資源センター センター長 根本博
15:20-16:20平成27年度の成果座長: 根本博
野菜の特性解析: 農研機構野菜花き研究部門 野菜育種・ゲノム研究領域 上級研究員 川頭洋一 (20分間)
穀物の特性解析: 農研機構遺伝資源センター 植物多様性活用チーム チーム長 江花薫子 (10分間)
海外植物遺伝資源探索: 農研機構遺伝資源センター 調整室 室長 友岡憲彦 (15分間)
質疑応答 (15分間)
16:20-16:30休憩
16:30-18:00講演会座長: 友岡憲彦
16:30-17:10(仮題)東南アジアにおけるウリ科作物の多様性弘前大学人文社会科学部 特任助教 田中克典
17:10-18:00生物多様性条約体制の下での共同研究契約と植物遺伝資源探索・収集・移転に際しての留意点上智大学 客員教授 磯崎博司
18:00閉会挨拶農研機構遺伝資源センター センター長 根本博

シンポジウム終了後、同会場にて意見交換会を開催します(18:15~20:00、参加費1000円、要事前登録)。簡単な飲み物等をご用意いたします。皆様のふるってのご参加をお待ちしております。

参加申込

参加申込書に必要事項を記入の上、メール(office-PGRAsia at(nospam) gene dot affrc dot go dot jp)にてお申し込み下さい。
申込締切: 平成28年7月1日 (金)
※定員になり次第申込を終了させていただきます(席に余裕がある場合に限り、当日参加も受け付けます)。定員: 100名

お問い合わせ先

農研機構遺伝資源センター PGRAsia事務局
E-mail: office-PGRAsia at(nospam) gene dot affrc dot go dot jp
FAX: 029-838-7408
電話: 029-838-7458 (担当: 奥泉、メイヤーズ、野中)