トップ > 植物画像データベース

ロゼフローラ [Camellia rosaeflora Hooker]

  • 花
  • 葉
  • 枝

解説

起源
1850年代に中国から英国に導入された種であるが、正確な原生地はわからない。花色や花の形態などから雑種起源と考えられている。
分布:原産地は中国。
特徴
花:濃桃色、6~9弁。花径3.5~4cmの小輪。花形はラッパ咲きで、花色、花形ともに可憐で人気がある。開花期は1~3月。
葉:楕円~長楕円形、長さ5~8cm、幅2~3cm、表面は緑色~黄緑色で、光沢はあまり強くない。側脈はやや突出する。
分枝性はあまり強いほうではなく、枝が長く伸長して樹形が乱れやすい。
利用
2n=45と報告されているが、近年になり、本種を用いた雑種が多数発表された。
参考文献
箱田直紀・足立尚義 ツバキ属の原種 西武舞鶴植物研究所報告 1: 1~54