トップ > 植物画像データベース

ひめさざんか [Camellia lutchuensis T.Ito] 中国名 琉球連蘂茶

  • 花
  • 葉
  • 枝

解説

起源
分布:日本(奄美大島から沖縄の西表島まで)。
特徴
花:白色で、外弁の先端がわずかに帯紅色、6~7弁、花径2~2.5cmの極小輪。花形は盃状で、弁端部が反曲する。開花期は2~4月。
葉:楕円~卵状長楕円形、長さ3~4.5cm、幅1.5~2cm、表面は緑色で光沢が鈍く、葉脈は不鮮明。
2n=30。
利用
現在栽培されている種の中では、花の香りが最も強く、芳香ツバキ育種の上から重要視されている。本種を片親とした種間雑種が数多く発表されている。その多くは花に芳香をもち、花形や葉形にも本種の特徴がよくあらわれている。
参考文献
箱田直紀・足立尚義 ツバキ属の原種 西武舞鶴植物研究所報告 1: 1~54