トップ > 植物画像データベース

Oryza punctata Kotschy ex Steud.

  • 分布図
    分布図
  • 分布図
    分布図

  • 花序
    花序
  • 小穂
    小穂

解説

ゲノム記号
BB, BBCC
染色体数
2倍体と4倍体, 2n=24, 2n=48
分布
アフリカ
主な形態的特徴
葉舌は約3mmで、平滑で無毛、先は切形でわかれる。小穂の分枝は広がる。2倍体の系統:種子長は約6mm。尾状葉で幅約14mm。芒は約4.7cm。強く多年草にはならない。4倍体の系統:種子長は約4.8mm。尾状葉は約21mmで、芒は約3cm。強く多年草となる。
生育地
この2つの細胞学的倍数体系統は、それぞれ生育地が固有である。2倍体は開けた場所にはえる雑草性の種で、4倍体はふつう半日蔭にみられる。
備考
時に 稲作の雑草としてO. longistaminataと同所的にはえる。葉が明るい黄緑色のO. longistaminataとは簡単に区別できる( Fig. d.参照)。
参考文献
Kim, H.R., P. San Miguel, W. Nelson, K. Collura, M. Wissotski, J.G. Walling, J.P. Kim, S.A. Jackson, C. Soderlund, R.A. Wing. 2007. Comparative mapping between Oryza sativa (AA genome type) and O. punctata (BB genome type). Genetics 176: 379-390
Sano, Y. 1980. Adaptive strategies compared between the diploid and tetraploid forms of O. punctata. Bot. Mag. Tokyo 93:171-180.
Sasahara, T., T. Sengoku, and Y. Sano. 1982. CO2 and water vapour exchange as related to shade tolerance of O. punctata Kotschy. Photosynthetica 16(3): 356-361.
Tateoka, T. 1965a., A taxonomic study of Oryza eichingeri and O. punctata. Bot Mag. Tokyo 78:156-163.
Tateoka, T. 1965b. Taxonomy and chromosome numbers of African representatives of the Oryza officinalis complex. Bot. Mag. Tokyo 78:198-201.