烏骨鶏(白色種)(東京系)

左: 農業生物資源研究所 菊地和弘氏 提供 / 右: 茨城県養鶏試験場 提供

烏骨鶏は江戸時代初期に、中国から渡来したといわれているが、原産地は明確でない。独特の形態的特徴を持つ。鶏冠は黒紫色のクルミ冠。毛冠がある。羽毛は絹糸状羽。脚羽を持つ。脚趾には第五趾がある。皮膚のみならず筋肉や内臓、骨にいたるまで黒色を帯びる。名前はその骨肉の黒紫色に由来する。中国では、古来滋養強壮の薬用鶏として知られている。独特の容姿から観賞用としても珍重され、昭和18年に国の天然記念物に指定された。近年、鑑賞用ばかりでなく卵肉の特産鶏としても飼養されており、日本各地で飼育されている。雌は就巣性が強い。

烏骨鶏(白色種)(東京)は、東京都畜産試験場で飼育されていたもので、羽色が白色の系統である。また産卵率が一般の烏骨鶏よりも高い。