蜀鶏(新潟)

オス交配鶏舎の蜀鶏

農業生物資源研究所 菊地和弘氏提供

蜀鶏(トウマル)は新潟県原産の日本鶏である。品種として成立したのは、明治初期と考えられる。日本の三大長鳴鶏の一つで、主な飼育地は新潟県である。昭和14年に天然記念物に指定された。蜀鶏の特徴は長鳴性にある。本種の鳴き声は力強く張りのある声が特徴で、長さは6秒以上で10~15秒程度鳴くものが多く、審査会などでは18秒に達するものもいる。

蜀鶏(新潟系)は黒色種で、羽色は全身緑黒色である。雄の鶏冠、顔面、耳朶および肉髯は暗赤色であり、これらの部分に黒斑の出る個体もいる。嘴は黒色。脚も黒い。皮膚は白。 体格は成鶏の雄で3.5kgを超え、日本鶏の中では大軍鶏、声良などに次いで大きい大型鶏である。卵殻色は淡褐色。就巣性はあまりない。

蜀鶏(新潟系)は新潟県農業総合研究所畜産研究センター(新潟県畜産研究センター)で飼育されている蜀鶏で、体型の大型化と羽色の斉一化がはかられている。