薩摩鶏(白笹)(東京)

茨城県養鶏試験場 提供 (写真は茨城県の薩摩鶏(白笹)です)

薩摩鶏は、薩摩地方(現在の鹿児島県)で小国鶏と軍鶏との交雑から闘鶏用に作出されたと言われている。主な飼育地は鹿児島県で、昭和18年に天然記念物に指定された。

薩摩鶏は、小国鶏の形質を残している。鶏冠は三枚冠またはクルミ冠。耳朶、肉髯はともに小型で、赤色を呈す。堂々とした体型をしており、尾羽が長く豊かで、地上に達するものがある。脚は黄色。現在は闘鶏よりも観賞用と採肉用が主流である。

薩摩鶏(白笹)(東京)は、羽色が白笹の系統で、東京都畜産試験場で飼育されていたものである。