比内鶏(秋田)

農業生物資源研究所 動物探索研究チーム 提供

比内鶏は、秋田県大館地方で古くから飼育、固定化された中型の鶏で、名前は同地方の古名(比内)に由来する。シャモと古くからの同地方の地鶏との交雑により作出された大地鶏の一つと考えられる。冠は3枚冠、赤耳朶、黄脚で羽色は赤笹のものがほとんどである。本種は昭和17年に天然記念物に指定された。肉質の優秀さで知られ、ロードアイランドレッドとの交雑種(比内地鶏として市場にでている)は近年人気が高く、秋田県を代表する日本鶏である。

比内鶏(秋田)は、秋田県畜産試験場が保有しているもので、大館市の愛好家団体から導入した比内鶏に由来しており、導入後肉用交雑種作出のための純系用として、増体、産卵率および卵重の3形質について選抜改良が行われてきた。したがって愛好家の間で飼われている比内鶏に比べ、増体や産卵性に関して改良が加えられた比内鶏である。