中軍鶏(東京)

農業生物資源研究所 菊地和弘氏 提供

中軍鶏は軍鶏(シャモ)の内種の1つで、体格の大きさが中型のものをさす。

軍鶏は、もともと東南アジアのマレー系統種であり、これらの地域から日本に渡来したと考えられている。江戸時代以後広く知られるようになったと推察される。シャモの語源は、渡来地シャム国(現在のタイ)から訛じた。

軍鶏は、闘鶏用の品種で、肉用鶏としても使用されてきた。主な飼育地は東京都、茨城県、千葉県、青森県、秋田県、高知県である。昭和16年に天然記念物に指定された。鶏冠は三枚冠が主体で、クルミ冠に近い個体もいる。肉髯、耳朶は赤色で、ともに小さい。頚部はほとんど直立し、羽毛が少なく赤色の皮膚が裸出する。胸部がよく発達している。 脚部は長く、筋肉が発達している。脚色は黄色。

中軍鶏(東京)は、東京都畜産試験場が、都内の愛好家から導入したものをもとに、選抜改良した系統である。羽色は赤笹と黒色が混在している。特徴は闘争性があまりなく、就巣性が低いことで、増体重が改善された系統で、日本各地の特産鶏作出にも利用されている。